設備・仕様

白金台の新築マンション「ロイヤルシーズン白金台」HOME >設備・仕様
STRUCTURE
RELIEVED QUALITY
建物をしっかり支える強固な構造
地盤改良(柱状改良)工法および中層地盤改良(全面改良)のうえ、直接基礎
「鉄筋コンクリート」に比べ、引張応力によるひび割れを防ぐPRC構造=プレストレスト鉄筋コンクリート構造
F2システム(PRC構造+耐震壁付ラーメン構造)の採用で住戸内に柱や梁が極力出ないフルフラットスラブを実現
柱や梁が極力出ないすっきりしたフラットな空間を実現 柱などに邪魔されない自由な家具配置も可能
建築基準法で定められた数値よりも上回る約40mmの鉄筋かぶり厚(屋外に接する耐力壁、梁)を確保
約3,600t(トン)の圧縮に耐える強さを示し設計基準強度36N/mm2以上の高い強度のコンクリートを採用
外壁は外部からの騒音を軽減するために約250〜350mm(一部約150mm)の厚さを確保
戸境壁は隣戸からの音漏れを軽減するために約250mmの厚さを確保
快適な遮音性を目指して洋室(1)に接する間仕切り壁はグラスウールを施工(一部除く)
洗面化粧室、トイレ等の水廻りとの間仕切り壁は遮音性を高めるために硬化せっこうボードとグラスウールを採用
遮音性能を高めるため、LL-45等級の二重床と厚さ250mm以上の床スラブを採用(一部除く)
最下階住戸下に断熱処理を施し外部に面する壁などに厚さ約20mmの断熱材を配置